明舞幼稚園について

ごあいさつ

お母様方、ご自分の幼い幼稚園時代を覚えておられますでしょうか。
優しかった先生、仲良しだった友達、けんかした事、
楽しく遊んだ事、色々と思い出されることでしょう。
幼稚園時代の楽しい思い出をより多く残してあげたい・・・。
大人になった時、あれは楽しかった、これは頑張った、
やさしくて楽しい先生だったこと、懐かしく思い出される
幼稚園でありたいと願っています。
そして、幼児期はすべての成長の根っこの時代です。
そんな大切な時期だからこそ、恵まれた環境の中で
色々な経験をすることによって、たくましい根っこを育て、
そのうえに枝や葉をいっぱい広げて欲しいという思いで
私達は日々保育に専念しています。
クラス数より多いゆとりの教師や専門職員と恵まれた
優秀なスタッフが、お子さまのことを第一に考え、
細やかな保育を支えています。
お子様は勿論、お母様方もお友達をたくさん作って、
楽しく充実した幼稚園生活を送って頂きたいと願っております。

学校法人 和弘学園
幼保連携型認定こども園  明舞幼稚園
園長  中 後  和 子

ページトップへ

沿革

昭和44年 4月 県の認可を受け、学校法人和弘学園の第2園として開園。
昭和44年 8月~46年 団地の発展により園児定員増にともない園舎増築。
昭和49年10月 年間を通じて水泳指導をとりいれる。
昭和54年 4月 給食センターを園内に建て、完全給食を開始。
昭和54年 5月 神戸幼児教育センターを設立、地域の子育て支援活動をはじめる。
昭和55年 5月 神戸幼児教育センター主催「すばらしい子を生み育てるためのシンポジウム」開催
2才児教室とチャイルドハウスをはじめる。
昭和56年 4月 4才、5才児混合のたて割り保育開始。
昭和59年 9月 外国人教師による英語指導を始める。
平成 6年 8月 和弘学園のキャンプ場を宍粟郡に建設し、開園する。
平成10年 3月 より絵本に親しめる環境をつくるため図書室棟を増築。
平成10年 8月 旧遊戯室を3才児専用保育室に改築。 3才児室の前に専用の広い自由遊びのスペースをとり、ゆったりと遊べるようにする。
平成11年 1月 給食センター改修。より衛生的に調理できるようにする。
新遊戯室(スターホール)、温水プール建築。
階段状になる客席は日常は格納でき、体育館としても使え、温水プールは光と風を感じながら入水でき、塩素の混じった空気を強制排気するシステムや温水自動循環システムも完備。
平成25年 8月 新園舎 海棟完成(地上2階、地下1階)
平成26年 2月 新園舎 森棟完成(地上4階、地下1階)
平成26年 5月 園庭整備完成
平成27年 4月 幼保連携型認定こども園へ移行
平成27年 8月 新園舎 花棟完成(地上2階)

ページトップへ

幼稚園の概要

保育コース
★3年保育コース
 年少(3歳児5クラス) → 年中・年長(4歳児・5歳児混合7クラス)
★認定こども園1.2歳児クラス
 4年保育・5年保育コース(7:00~19:00の間で、保育標準時間11時間以内、保育短時間8時間以内の保育を利用できます)  
保育時間(1号認定児) ※クラスによって多少時間が変わります。
曜日 早クラス 遅クラス
月、火、水、木、金曜日 8:30~13:30 9:40~14:40
給食
給食は自園調理で、原則週5回実施しています。
スクールバス
ご希望の方はご利用いただけます。バスコースは、入園されるお子様の地域も考慮しながら毎年組替えております。(神戸市垂水区・西区・明石市・大久保方面)

ページトップへ